行政書士の資格とそのメリットについて

2014-05-29

行政書士とは、行政書士法という法律に基づく国家資格です。

依頼を受け役所に提出する書類を作成、代理提出を行なったり、
遺言書等の管理、事実証明などの作成を行い、報酬を得るという仕事です。

つまり行政に提出しなければならない書類などを
代理として作成提出する権利を有するもの、ということです。


昨今、資格やスキルが重視される社会において、大変人気を博しています。


ではなるにはどうすればよいか、というところですが、
一番王道なのが年に一回の国家試験を受け、合格を勝ち取ることです。


しかし、合格率は毎年10%未満という、
ほかのものに比べて難易度はかなり高いといえます。

しかし実はもう一つ所得の方法があります。

それは、試験免除を狙うということです。
弁護士、公認会計士などであれば、試験免除になることを忘れてはいけません。


行政書士は開業する際、少ない資金で始められるお仕事です。

そして、顧客と面と向かって話したり相談を受けたりすることが
多いのできめ細やかな対応が求められますが、
その点女性でも気軽に始められるといったメリットもあります。


加えて、この仕事には定年がありません。
一度資格を所得すると一生安心して続けられると言ったところも魅力です。


行政と一個人が書類や手続きのやりとりをする際に安心して相談できる、
人と社会に貢献できるお仕事です。

そして所得すると兼業して他の仕事をする方も多く、
そういった意味でも所得後は自分の可能性がどんどん広げられると言えます。


Copyright(c) 2014 行政書士のおすすめテキストと勉強法 All Rights Reserved.Designed by o2BusinessTheme